Hawaiian Life and Travel Blog

ハワイと日本だいたい半々くらいいます。ハワイのことと日本のこと。飛行機旅のことなど。

バケレン禁止法-「リゾートエリア」外でもバケレンが可能な場合もある

ハワイ、ワイキキは、エリアによって、短期(30泊未満)のバケーションレンタルができるエリア(リゾートエリア)とできないエリアに分かれている、と昨日の記事で書きました。

 

でも、ではリゾートエリア外では30泊未満の短期レンタルが100%だめなのか、というとそうでもなく-例外的に、短期でのバケレンが可能なコンドミニアムもあります。それは、

 

1.以下の4軒のコンドミニアム(地元では”grandfathered-in“ビルディングと呼ばれています)

アロハサーフ(Aloha Surf)パームズアットワイキキ(Palms at Waikiki)、ロイヤルガーデン(Royal Garden)、ハワイアンモナーク(Hawaiian Monarch)

2. オーナーが、NUCライセンスを持っているお部屋

NUC(Non-Conforming Use of Certificate)ライセンスは、州政府が「リゾート・エリア」外のお部屋でもバケーションレンタルを許可するライセンスで、このライセンスを持つオーナーは、合法的に、何の問題もなく、30泊未満のバケーションレンタルを行うことができます。しかし、現時点でNUCライセンスを持つオーナーはとても少なく、結果、ワイキキバニアンやワイキキサンセットという、旅行者に人気のコンドミニアムで(リゾートエリア外なので)、合法的に短期レンタルできるお部屋は僅少という状況になっています。